Top

身近でやさしい自然と日常、ゆっくり流れる時を紡ぎます。
by すっぴん子
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
カテゴリ
最新の記事
「手のひらから」
at 2016-02-12 07:03
ハーフ!
at 2015-10-24 20:54
すっぴん館と私。
at 2015-09-24 06:30
そして、DIYDK。
at 2015-09-20 06:28
なんちゃってDIY
at 2015-05-31 07:53
以前の記事
<   2012年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
さらにさくら染め
今日はお店に行っていたので
染めの方は少し休憩。

といいつつ、
昨日の夜に煮込んで
朝まで放冷していた羊を
洗って広げました。

f0026299_22445466.jpg


今までで一番赤みが強くて
何やらドキドキするような、
色っぽい色となりました〜むふふ
[PR]
by suppin-kan | 2012-02-28 22:56 | 手しごと
さくら染めの週明け
今日は羊毛を染めました。
3種類の染液を2通りの媒染にして、6色が出来上がりました〜

f0026299_2101940.jpg
上から順に、皮、芯、小枝。
右の列がアルミ媒染。
左の列が鉄媒染。

鉄の方が光の関係でちょっと青っぽく見えますが
実際はもっと赤みがかったグレーという感じ。


f0026299_21414061.jpgこちらは、土曜日に来たusakoちゃんからの染め上がり品写メ

オレンジっぽいものや
ピンクっぽいものなど。
どれも桜らしいいい色ですね〜

今年はじめてバンブー素材を染めましたが(てまえ)
光沢があって、ピンクの映えるいい素材でした。
和装なでしこのusakoちゃんとしては、
帯揚げに使うそうですよ〜


f0026299_21524555.jpgで、和装の予定もないのに
釣られて染めた私のバンブーちゃんはこんな色。

usakoちゃんのは桜の皮の液
私のは枝の液で染めました。


これも光の加減で何とも言えませんが
多分、私の方がちょっとオレンジっぽいと思われます。
部位で微妙に違うのがさくら染めの面白いところですね〜

(つづく)
[PR]
by suppin-kan | 2012-02-27 21:03 | 手しごと
さくら染めの週末3日目PM
f0026299_22543161.jpgそして午後。
午後も4人の
エントリーがあり
息つく間もなく
染め物が
繰り広げられております

こちらは
糸を染めているところ。


f0026299_22565187.jpgこちらはY's kittoさん。

お手製のドイリーは
助剤のパラロンKで
下処理した後
小枝の液で染めました。

とてもしっかり
ワインレッドに染まりました〜


f0026299_2315445.jpgそしてこちらは
灰汁で下処理した後
木綿糸をアルミ媒染に
ワッフル布を無媒染に
染めました。

どんな作品になるのか
楽しみですね〜


f0026299_23265699.jpg
こちらは、
手織りをされるという
Nさんと一緒に染めた
綿のガラ紡。
芯の液を使って
オレンジに染めました。

どんな風に使われるのでしょうか?
これまた楽しみですね〜


f0026299_23102647.jpg
こちらはおなじみ
ともみい〜の紙すき場。

今日はお母さんと
ご一緒に来られて
さくら色のみつまた紙を
作りました


f0026299_23123521.jpg
窓に貼付けるのが
むずかしかった模様…

親子であーだこーだという声が
中まで聞こえてきましたよ〜
ぷぷっ


f0026299_231498.jpg
作業に慣れた頃に終了〜。
という感じでしたが
今年もいい色の
紙ができましたね〜

寒い中、
おつかれさまでした〜



それぞれに、
目的にあった素材を自由に染めて
また次の展開が楽しみな会でした

作品が出来上がったら見せて下さいね〜

(つづく)
[PR]
by suppin-kan | 2012-02-26 23:25 | 手しごと
さくら染めの週末3日目AM
今日の午前中は4人の方のエントリーがあり
ストールや糸、布の染めをしました。

f0026299_22212635.jpgこちらはmachikoさん。
小枝の煮汁を使い、
播州織りのストールを
染められました。
無媒染できれいなピンク色です。
これにはおおーと声が上がりましたが



f0026299_22242141.jpg

最終的には鉄媒染で、
藤色に染めました。

とてもお上品な
美しい色に仕上がりましたね〜




f0026299_22285912.jpgこちらはkimikoさんの
シルクスカーフ
皮の煮汁を使い、
アルミ媒染で染めました。
とても穏やかな
サーモンピンクです。
そして襟元にも着目〜
手編みのプチマフラーは
過去に染めたさくら染めの毛糸で編まれたものです。
素敵に活用されていますね〜


f0026299_22355398.jpg
こちらはshigemamaさん
娘さんと2人がかりで

木綿の糸を
小枝の液でアルミ媒染に


f0026299_2237438.jpg
木綿の布を
鉄媒染に染めました。
小雪舞う中、
午後に食い込む長丁場の染めでしたが、
この季節のさくららしい
いい色に染まりましたね〜


f0026299_2241447.jpg
そして襟元に着目〜その2
shigemamaさんも
さくら染めの糸で手編みした
スヌードが素敵でした〜


(午後につづく)
[PR]
by suppin-kan | 2012-02-26 22:36 | 手しごと
さくら染めの週末2日目
f0026299_22423783.jpg
前日に煮だした芯の部分。
まだまだ染液が取れそうなので、
ストーブの上に置いて煮込みます。
するとまた、
じわじわと赤い液体ができてきました。
これもバケツにためて置いておきます。


f0026299_2246858.jpg
今日はクラフレの助っ人に
usakoちゃんが駆けつけてくれたので
ついでに、昨日の染液の一部で試し染め。
上が芯、下が枝、右が皮で染めた布。
素材が違うので一概には言えませんが
今日は皮の液で染めた足袋が最も濃いピンクでした


f0026299_22484798.jpg

これは皮で染めたシルクの布。
乾くともう少し薄くなりますが
とてもきれいなサーモンピンクです。 


(つづく)
[PR]
by suppin-kan | 2012-02-25 22:54 | 手しごと
さくら染めの週末
f0026299_2101141.jpg
今年はさすがに無理か?と思われたさくら染めですが
みんなの協力により、着々と進められております

今年はどんな色に染まるかな?

ちなみにこれは、小枝を煮たところ。


f0026299_22573010.jpg

これは、ちょっと太い枝の皮を煮たところ。


f0026299_22583588.jpg

これは、ちょっと太い枝の芯を煮たところ。


グツグツと煮込んでいると
甘くていい香りがしてきます。

(つづく)
[PR]
by suppin-kan | 2012-02-25 21:04 | 手しごと
さくら染めの週末1日目。
今年もS氏の提供をいただき実現することになりました。
素敵な繋がりに感謝しつつのさくら染めも
今年で5回目となります。

f0026299_21454833.jpg
どれぐらいいるんや?
と聞かれ、
2鍋分ほどで〜
と答えたら
どどんとこの量!!
さすがS氏、太っ腹ですなあ〜


f0026299_21522050.jpg
まずは、木を解体します。
私はお子を背たろうて、細いところを剪定ばさみでちょきちょきと。
太いところはS氏がチェンソーでぶいーんと。
なんだかんだと雑談しながら、作業は進み、半日がかりで解体しました。


f0026299_2283024.jpg
午後からは家に持ち帰り、
クラフレのお客さまのmiyaさんと
クラフレのスタッフのchikaさん&うーりんが助っ人に。
子守りをしてもらいながら
枝を太さで4種類に分類して箱に入れました。


f0026299_2218745.jpg
新鮮なうちに
細い枝から煮込んでいきます。
ぐつぐつ。
わくわく。
甘くていい香りがします。



f0026299_22145573.jpg

ボクもお手伝い。


f0026299_22222363.jpg
灰汁を入れて煮込むと
赤い色素が出てきました。
この液をバケツにためていきます。


f0026299_22253227.jpg

バケツや鍋に6杯分の
染液ができあがりました。
これを1〜3日置いて
使います


(つづく)
[PR]
by suppin-kan | 2012-02-24 21:44 | 手しごと
おやつの時間。
ハイハイのスピードも増し、何にでもつかまっては立ち、
掴んだ物は何でも口にいれるたっきい氏の後を追いかけ回して一日が終わる今日この頃。
ゆっくりごはんを食べる間もおやつを楽しむ間もありません…
そうするとつい変な時間に食べたり「ながら食べ」でダラダラと食べ続けてしまったり、
体によくない食べ方をしてるな〜と思います。

「おやつ食べ過ぎ警報発令!!」

などどつぶやいても、手はおやつの方へのびてしまい効果はなし。

カロリー的には、授乳期は700カロリー余分にとってもいいらしいので
それほど太ったというわけでもないのですが、
やはり糖分や脂質の取り過ぎは脂肪蓄積につながるのでよくないですよねえ〜

というわけで、手づくりするおやつもこころもちカロリー減で作ってみました
昨日はオレも休みだったので、なんとなくゆったりとお茶も飲めました。
そのおかげでそれほど食べ過ぎずに済んだ日曜日の午後。

f0026299_22453046.jpg


レシピまとめました→
[PR]
by suppin-kan | 2012-02-20 23:11 | 食べごと
最高級品
f0026299_22254622.jpgこの毛えが


f0026299_22262115.jpgこうなって


f0026299_22143427.jpg

やはりおパンつとなりました。

ポロワスのシマシマおパンつは

この冬一番の最高級品です。
[PR]
by suppin-kan | 2012-02-19 22:29 | 手しごと
楽しみとこだわり。
ちょっと前に布の引き出しを整理していたら、
20代の頃に織った布が出てきていろいろ思いました。

f0026299_23233452.gif


①写真奥のエンジ色ベースの布。
これは、織るのを覚えてすぐの頃の布です
ぱっと見て好きと思える色と
ぱっと見て面白いと思える糸を選んで
好きなように織りました。
自分の「好き」が形になることを
ピュアに楽しんでいた頃の布。

②手前のシマシマの布。
これは、庭の雑草や紅茶の出がらしで毛糸を染めて織った
初めての草木染めチャレンジの布です。
織り上がった時はちょっと地味かな?とも思いましたが
手間がかかった分愛着が湧きました

ここ何年かは、自然とか循環とか、いろいろ考えることが多かったり
草木染めの機会にも恵まれてきたため
できあがってくるものは②の路線に傾いていましたが、

こうして並べてみて見ると、
①、みたいな私の色もあったんや〜

と、再発見。

それで最近、手織りが進まなかったのはもしかして、
「自由な私」が、「自然」という大きなテーマの前に
背伸びをしすぎて息切れしてしまっていたのかも??

ということにはっと気づいてしまったのでした。

それで今年は、
手織りに関してはもっと自由にしよう。

と、思って、

しまい込んでいた糸の引き出しを開けて
自由だった頃の私の糸をちょっと加えて経糸を張ってみたら
ヒラヒラ〜っとこうなったのでした→

で、緯糸を織り込んで、
できあがったのがこれ。

f0026299_2351568.gif


プレゼントにするつもりで織ったので
色は渡す相手の好みを意識しましたが
久しぶりに「楽しんだ」織りでした。

しかしその中にもやっぱり「こだわり」は捨てられず…
草木染めの糸もちゃっかり入ってます…
歳をとると頑固になるといいますがやはり
20代のピュアな頃と同じにはいきませんな…
[PR]
by suppin-kan | 2012-02-17 00:17 | ものおもい


姉妹館
クラフトFriends
手しごとのコミュニティースペース

ma-mahsha 館
子育てのあれこれ


すっぴん書藝館
きまぐれ書道部屋

リンク


◎おともだち◎

ダリア手帖

りんごの木

まるの毎日

Naopopo*

山と川のあいだで

ito...

谷間の家さんきら


◎糸紡ぎ・染織・芸術◎

花の寺高照寺の
ホームページ


丹後の藤織り

道草庵

SPINNUTS




すっぴん館の人々
すっぴん子…私
オレ…テ〜主
ち〜母…オレの母
たっきい…われらの子

レインボ〜マン
…謎のバーテン。最近来ない。

ワインクララ
…帽子モデル。
キイやん
…服飾モデル。

しけこさん
…小さなこけしの女の子。
おかあさん
…しけこさんの
おかあさん
おくさんズ
… 謎のおくさん2人組(最強)。
ケンだマン
…ボディーガード
ローズちゃん
…しけこさんの妹分
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧