Top

身近でやさしい自然と日常、ゆっくり流れる時を紡ぎます。
by すっぴん子
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
「手のひらから」
at 2016-02-12 07:03
ハーフ!
at 2015-10-24 20:54
すっぴん館と私。
at 2015-09-24 06:30
そして、DIYDK。
at 2015-09-20 06:28
なんちゃってDIY
at 2015-05-31 07:53
以前の記事
<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
灰汁
f0026299_1334679.jpg

草木染めにしばしば使われる灰汁(あく)は、
色素の抽出や、媒染(発色させ定着させること)に使われます。

灰に熱湯を注ぎ一晩置いた上澄み液を灰汁と言っています。

草木染めに出会って以来、
循環ということをよく考えるようになりました。
せっかく自然からいただいた命であるのだから、
よりよい循環の中で役立てていきたい、ということです。

染めに使った後の草木を燃やして、
その灰をまた染色に役立てることができればと思い
実行しているところです

2月は中旬から桜染めの体制に入るので

昨年染めて燃やした桜の灰から、
今年の灰汁をとろうと思います

灰汁を取り出した後の灰は
陶芸の柚薬にも役に立つらしいので、
陶芸家の知り合いに届けようと思っています

春になる頃にまた
お花見をしながら作品がならべられたらいいな〜と

熱湯にぼこぼこと泡立つ灰汁を眺めつつ、
妄想が楽しい休日のひととき。
[PR]
by suppin-kan | 2010-01-31 13:34
春先まで暑苦しくない程度にあったかいもの
そろそろ、毛糸のシーズンも終盤ですね…
なんだか淋しい気がします。

ということで、
春に向けてお店に置く品物を考えていたところ
こんなテクニックがあったのでした、
ということを思い出しました。

それは、「布フェルト」です。

f0026299_16334110.gif


初めて布フェルトというものを見たのは6年前
ひつじ系テクニックの最先端を走りつづける
あのお店でのことでした。

布フェルトというのは、
布に原毛置いて
お湯と石けんをかけて
ごしごしとなすりつけて作ります。

布と羊毛の縮み具合が違うため
独特の風合いに仕上がります。

初めて作った時はおもしろさのあまり、
個性を強く出しすぎて、実用的なものにはなりませんでした…

近頃は少しづつ気持ちがおとなしくなってきた(?)
と、自分では思っているところなので、
まだましに実用性のあるものになったかな?と思います。

ちなみに原毛は、

桜染め(うすピンク、オレンジ、グレー)
藍染め(うすブルー)
コチニール染め(うす紫)

のものを組み合わせて作りました。

編み物など根気のいるものとは違ってすぐに出来上がるので
ちょっとした達成感が味わえて、気分転換には最適です。

できあがり実物は、
こちらでごらんいただけます。
[PR]
by suppin-kan | 2010-01-28 16:54 | 手しごと
さくら染めハンドウォーマー
草木染めの糸を編み込みにするのが好きです。
特に雪模様が好きです

それをいろんな方と分かち合いたいと思い
ワークショップで題材にしたり
キットで販売することをしてみました。

見本は、新春編み物として紹介しましたこちら
茜の鉄媒染で染めた糸で編んだハンドウォーマーです。

f0026299_853277.jpg



そして先週末にお店の方に駆けつけてくれた友人が
さくら染めバージョンのキットを一つ買ってくれました。

棒針は10年ぶり…という彼女は
子育て真っ最中のママさんです

昼間は2男児を小脇にかかえつつも、
夜、寝かしつけては手しごとを楽しんでいる模様

昨日もお店にお友達と来てくれて、
経過報告をしてくれました。

作成中の図↓…あと一息ですね

f0026299_8443234.jpg


そしてその日の夜のうちに、
完成しました〜という嬉しい写メが入ってきました

続きはこちら

で紹介しておりますのでご覧下さい。
[PR]
by suppin-kan | 2010-01-22 08:48 | 手しごと
重要有形民俗文化財
たまたま昨日NHKニュースで流れていたのを見たのですが、

藤織りや裂き織りなど
丹後半島の織物とその道具が、
近々、何やら重要そうなの文化財の指定を受けるそうです。

朝の会話は
私:「あ〜、これ、藤織りっていうんですけど、
年2回ほど、お手伝いに行ってるんですよ〜」
ち〜母:「マア〜、そうなの?目をはなしちゃった〜」
…という調子でしたが。

朝日新聞の京都版でも記事になっているようです。こちら

説明は下手ですが、こういうことになりますかね〜?↓

「重要有形民俗文化財(じゅうようゆうけいみんぞくぶんかざい)」
日本の文化財保護法において、衣食住、生業、信仰、年中行事などに関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術などの無形の民俗文化財に用いられる衣服、器具、家屋その他の有形の民俗文化財のうち、特に重要なものとして国が指定したものである。(ウィキペディアより)

それで私がちらりとも
お勉強をかねてお手伝いしているのが
藤織りの保存会です。一応会員として
知っていることで説明をさせていただきますと

藤の布は、木綿が普及する以前に
全国的に織られていたそうです。

山に生えている藤の蔓を伐り、
たたいて皮をはぎ、
鬼皮を落とし、
木灰汁で炊き
川にさらして繊維を取り出し
繊維をつなぎ
よりをかけ
糸にしたものを織ります。

季節の流れの中で
質素な生活の中から
ゆたかな知恵をもとに出来上がっていく織物です

農作業の衣類や、収穫物を入れる袋に使われていたそうです。

きらびやかで人目をひくようなものではありませんが
頑丈さとしなやかさを併せ持つ、味わい深い織物です。
そこに詰まっている知恵と歴史は奧の深いものです。

国の文化財として藤で織られたものや道具が大切にされるということは
とてもすばらしいことだと思います。
[PR]
by suppin-kan | 2010-01-20 09:45
紫に染める
紫にそめてほしい…というご要望にお応えして
久々にコチニール染めをしました。

染め物をされる方ならご存じだと思いますが。
コチニールというのは、
南米原産のサボテンにつくカイガラムシです。

ええ…カイガラムシは虫です。
虫で染めるなんて気持ち悪いようにも思いますが。
食品の染色にも普通に使われているほどですから
恐れることは何もありません。

f0026299_16222188.gif乾燥した状態で
染料店で販売されています。
一見、ぴかぴかの小石のようにも見えますが
よく見ると、
シマシマ模様がダンゴ虫を彷彿させます。
煮込むと膨張して、
ますます虫っぽさが増します。
(左が乾燥状態、右が煮だし後)


f0026299_16224171.gifほら、きれいでしょ?

酸の入れ具合と媒染の違いで
赤〜紫のグラデーションが楽しめます。
[PR]
by suppin-kan | 2010-01-17 16:34 | 手しごと
おかめきのこ
f0026299_8212117.jpg


naopopo発 「おかめきのこ」
[PR]
by suppin-kan | 2010-01-16 08:23
新アイテム
f0026299_12344026.jpg

中学校時代の友達にタジン鍋いただきました

有田焼きの和風デザインが、いいですね〜。

またレパートリーが増えちゃうかも、オレの。
[PR]
by suppin-kan | 2010-01-13 12:34
ザルと新聞紙
f0026299_2113194.jpg

休日のオレ…
また作らされました。

そして完成形は
こちらで使われました。
[PR]
by suppin-kan | 2010-01-10 02:13 | 手しごと
始動
f0026299_1822855.gif

町からの依頼で
1月からお店をすることになりました。
駅前の空き店舗を利用した
3ヶ月間のチャレンジショップです。

そこは10年前までは、結納品を扱うお店でした。
立派なショーケースがあり、
日当たりも抜群の、駅前の一等地です。

しかし昔はにぎわった商店街も今はシャッター街
否応のない時代の流れには逆らえないようです。

そのお話をいただいたのは、昨年の11月末でした。
その時、私は、作品展後の後片付け、オーダー品制作に
ち〜母引っ越しが重なりてんやわんや。
新しい生活と、制作の狭間でてんてこ舞いしていた時だったので

「とても無理ですう〜」と
お断りしようと思っていたのでした。

もし仮に、できたとしても、1人では無理なこと。
そこで、近フレnoburinkoさんとmiyuきい〜に相談しました。

すると事態が急展開しました。

miyuきい〜が救世主を山から呼んできたのです。
その救世主は、chikaさんといいます。

chikaさんは、
編み針とミシンを巧みに操り、可愛らしい小物を作る方です。
私の草木染め糸をお渡ししたところ、次々と新作を盛ってこられました。

また、自身の活動が活気づいてきて、多忙をきわめるmiyuきい〜も
得意なモチーフ編みを発揮してくれました。

そして、予約殺到で多忙を極めるトールペインターnoburinkoさんが
看板を手がけてくれることになりました。

オレは黙ってごはんを作ってくれます
ち〜母は、「マア〜楽しみね」とにこにこしています

1人ではとても無理と思っていたこの依頼に
心強いメンバーが集まって
あたたかい家族に支えられて

また一つ、新しいことが実現しようとしています。

お店の名前は、

「クラフトFriends」といいます。

手作りが好きで集まった仲間で作り上げる手作りのお店です。

お店については便宜上、
こちらで更新していきます。

にわかでふなれな店長ですが
3ヶ月間なんとかやってみようと思います。
[PR]
by suppin-kan | 2010-01-05 18:36
新春編物
f0026299_11283335.jpg

ハンドウォーマー編みました

1月は、また新たな活動の月となります
その一つの準備として、
ニット小物の制作と編み図起こしをしています

左手から編みましたが
うまく手にフィットしなくて少々消化不良
しかし後で編んだ右手の方は
改善を加え、われながらいい出来です

年末は慌ただしくて
気持ちがあせるばかりで
なかなか座ってものづくりができなかったので
ちょっとした完成に心が落ち着きました。

よ〜し。
[PR]
by suppin-kan | 2010-01-04 11:28


姉妹館
クラフトFriends
手しごとのコミュニティースペース

ma-mahsha 館
子育てのあれこれ


すっぴん書藝館
きまぐれ書道部屋

リンク


◎おともだち◎

ダリア手帖

りんごの木

まるの毎日

Naopopo*

山と川のあいだで

ito...

谷間の家さんきら


◎糸紡ぎ・染織・芸術◎

花の寺高照寺の
ホームページ


丹後の藤織り

道草庵

SPINNUTS




すっぴん館の人々
すっぴん子…私
オレ…テ〜主
ち〜母…オレの母
たっきい…われらの子

レインボ〜マン
…謎のバーテン。最近来ない。

ワインクララ
…帽子モデル。
キイやん
…服飾モデル。

しけこさん
…小さなこけしの女の子。
おかあさん
…しけこさんの
おかあさん
おくさんズ
… 謎のおくさん2人組(最強)。
ケンだマン
…ボディーガード
ローズちゃん
…しけこさんの妹分
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧