Top

身近でやさしい自然と日常、ゆっくり流れる時を紡ぎます。
by すっぴん子
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
「手のひらから」
at 2016-02-12 07:03
ハーフ!
at 2015-10-24 20:54
すっぴん館と私。
at 2015-09-24 06:30
そして、DIYDK。
at 2015-09-20 06:28
なんちゃってDIY
at 2015-05-31 07:53
以前の記事
学びの友と草木染め
6月1日から4日にかけて
織りを通じて4年前に知り合ったお友達が
東は東京、西は福岡から
ホームステイしにきてくれました。

植物の繊維や績みに興味のあるお友達と、
草木染め好きの私の欲望を満たす植物、
それは、野生の藪麻苧です。
葉っぱは染めに、
茎は糸にします。

雨の中、植物を取りに行くところから、
2日がかりの作業です。

f0026299_9455289.gif


友人は、それぞれに持参した絹糸や綿糸、ウールの糸を染めました。

草木染めというのは、気の長〜い作業なんですよね…
ガツガツした気持ちではいい色には染まらないし、
たとえいい色に染まったとしても、
それを楽しめずにがっかりしてしまうのは、
とてももったいない気がします

自分の手で摘んで、煮出す時間をじっと待って、
染める時間もじっと待って、
冷ます時間もじっと待って、
そこから出る色を、じっくりと味わって

そんなことをしていたら、何日あっても何時間あっても足りないくらい。

限られた時間内のワークショップなどで染めをする時は
なるべく短時間でいろんなことを効率よく進めなければならないという頭があり、
周到な準備と資料を用意して行くのですが、

何よりもたっぷりと時間を確保して
あーでもない、こーでもないといろいろ試しながら楽しむのが
やはり一番、自然に近い気がします。

糸にするところまでは残念ながらできませんでしたが、
遠くから足を運んでくれた学びの友と
同じ時間、同じ空気を共有できたこと、
夜もいろいろと濃い話ができたことで
また次からもがんばろ〜という気持ちになれました。

出会いとつながりに感謝です。
また会おうねと駅でお別れした時は
胸が熱くなりましたよ〜

思えば走り抜けるように過ぎ去った上半期…
後半はもっと整理整頓して
一つ一つを丁寧に取り組んで行きたいと
こころを新たにしました。
[PR]
by suppin-kan | 2008-06-04 10:25 | ものおもい
<< ひとつづつ そして、この季節… >>


姉妹館
クラフトFriends
手しごとのコミュニティースペース

ma-mahsha 館
子育てのあれこれ


すっぴん書藝館
きまぐれ書道部屋

リンク


◎おともだち◎

ダリア手帖

りんごの木

まるの毎日

Naopopo*

山と川のあいだで

ito...

谷間の家さんきら


◎糸紡ぎ・染織・芸術◎

花の寺高照寺の
ホームページ


丹後の藤織り

道草庵

SPINNUTS




すっぴん館の人々
すっぴん子…私
オレ…テ〜主
ち〜母…オレの母
たっきい…われらの子

レインボ〜マン
…謎のバーテン。最近来ない。

ワインクララ
…帽子モデル。
キイやん
…服飾モデル。

しけこさん
…小さなこけしの女の子。
おかあさん
…しけこさんの
おかあさん
おくさんズ
… 謎のおくさん2人組(最強)。
ケンだマン
…ボディーガード
ローズちゃん
…しけこさんの妹分
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧