Top

身近でやさしい自然と日常、ゆっくり流れる時を紡ぎます。
by すっぴん子
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
「手のひらから」
at 2016-02-12 07:03
ハーフ!
at 2015-10-24 20:54
すっぴん館と私。
at 2015-09-24 06:30
そして、DIYDK。
at 2015-09-20 06:28
なんちゃってDIY
at 2015-05-31 07:53
以前の記事
グラデーション
3回目のワークショップを終え、
その桜の残り液で、和紙を染めました。

※ワークショップについては、あの方この方
上手にまとめて下さっているのでそちらをご覧下さい※

f0026299_014485.jpg

右は、2週間前に煮出した6cm程の幹の芯材の液
左は、3日前に煮出した2cm程の枝の液です

2週間前のものは、かなり煮詰まってどろっとしています。
そして、少し浸けるだけでもかなり濃い色に染まります
色はレンガ色のような感じです

3日前のものは、さらっとしていて、木のフレッシュな甘い香りがします
色は、きれいなピンク色です

木の部分によって微妙な色の差はありますが、
傾向としては
煮出してすぐは、ピンクと黄色を混ぜたようなオレンジ色
3日経つと、鮮やかなピンク〜赤系
1週間以上経つと、赤茶色系に色が変わってくるようです

ピンク〜赤系の色が常に出せる保存のしかたがあれば知りたいと思うのですが
きっと毎日の火の入れ方にコツがあるのでしょう
沸騰させすぎない方がいいのでしょうか
試してみたいことは山ほどあるのですが
あまりもたもたしていると染液が年をとってしまいますね…
[PR]
by suppin-kan | 2008-03-07 00:04 | 手しごと
<< グラデーション其の2 さくら旋風吹き荒れて〜 >>


姉妹館
クラフトFriends
手しごとのコミュニティースペース

ma-mahsha 館
子育てのあれこれ


すっぴん書藝館
きまぐれ書道部屋

リンク


◎おともだち◎

ダリア手帖

りんごの木

まるの毎日

Naopopo*

山と川のあいだで

ito...

谷間の家さんきら


◎糸紡ぎ・染織・芸術◎

花の寺高照寺の
ホームページ


丹後の藤織り

道草庵

SPINNUTS




すっぴん館の人々
すっぴん子…私
オレ…テ〜主
ち〜母…オレの母
たっきい…われらの子

レインボ〜マン
…謎のバーテン。最近来ない。

ワインクララ
…帽子モデル。
キイやん
…服飾モデル。

しけこさん
…小さなこけしの女の子。
おかあさん
…しけこさんの
おかあさん
おくさんズ
… 謎のおくさん2人組(最強)。
ケンだマン
…ボディーガード
ローズちゃん
…しけこさんの妹分
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧